通所リハビリテーション(デイケア)と入所療養介護のケアセンター芳川です。
文字サイズを変更します テキストサイズ小 テキストサイズ中 テキストサイズ大
施設のご案内 アクセス 相談窓口 通所費のご案内 入所費のご案内 よくいただくご質問
トップページ > お役立ち情報集 > 介護用品・福祉用品のご案内

介護用品・福祉用品のご案内

介護を必要とする方がご利用になる介護用品や健康用品をご紹介します

はじめに〜特定福祉用具について

特定福祉用具とは

心身の機能が低下した方に対して毎日の生活を支援したり、身体の機能訓練等を行うための用具を特定福祉用具といいます。介護保険制度には、これらの特定福祉用具の貸し出しや、購入費用の一部が支給される制度があります。

特定福祉用具購入費の支給について

排泄や入浴などに使用する特定福祉用具に指定された介護用品を、登録された事業者から購入する場合に、介護給付金が支給されます。介護給付は毎年4月1日から3月31日までに購入した特定福祉用具費用の9割が支給されます。限度額は利用者ひとりあたり年間10万円です。指定の業者から購入しない場合、介護給付の対象となりませんのでご注意ください。

特定福祉用具の内容

購入費用が支給される特定福祉用具は「厚生労働大臣が定める居宅介護福祉用具 購入費等の支給に係る特定福祉用具の種目(平成11年3月31日付・厚生省告示第94号)」により、次の内容のものに定められています。

  • 腰掛け便座(補高便座、立ち上がり補助、居室利用型など)
  • 特殊尿器(尿を自動吸引するもの)
  • 入浴用椅子・浴槽内椅子
  • 浴室内手すり・浴槽内手すり
  • 入浴台
  • 簡易浴槽(空気式もしくは折りたたみ式)
  • 浴室内すのこ・浴槽内すのこ
  • 移動用リフトの吊り具(移動用リフトに連結するもの)

なお、過去に購入した福祉用具と同一種目の用具については支給対象外となります。ただし、著しい破損や用途の変更などの場合は支給の対象となる場合もあります。

歩行・移動用品

車椅子

車椅子は座りながらにして移動ができる非常に優れた介護・福祉用品です。種類によっては介助者がいなくても腕の力がある程度あれば自力で移動できたり、シートが倒れたりするので用途によって使い分けられます。また、移動と移動の間は普通に椅子として利用できるので実に便利です。

シンプルな1本杖のほか、3点杖、4点杖など形状も様々です。持ち手に工夫を凝らされたものが多く、使い勝手の良いものが選べます。携帯に便利な伸縮式や折りたたみ式、持つことに楽しみを与えてくれる装飾が施されたものなどバリエーションも豊富です。

シルバーカー(歩行補助車)

ご自分の足で安全に歩ける方の歩行をサポートします。支えになってくれるだけでなく、座席や収納スペースなど、便利な装備が施されたものが多く生産されています。

歩行車、歩行器

4本から6本のフレームで作られた、机のフレーム部分だけのような枠型の構造で体を支えながら、主に屋内歩行を補助する目的で使用されます。脚柱の接地面はキャスター式のもの(歩行車)と滑り止め型になったもの(歩行器)とに大別されます。

その他

上記の代表的な歩行・移動用品の周辺用具的なものや、段差の問題を解消するものなど、ここで紹介しきれないほど多くの用品が生産されています。

ベッド関連用品

ベッド

手動・電動で高さ調節や背上げ・膝上げ等の操作ができるものが便利です。

ベッド付属品・ベッド用品

ベッド上で食事や読書などの軽作業ができる補助テーブルや、防水シーツ、敷きパッド、床ずれ予防用具、ベッド昇降用の介助バーなど、ベッドでの生活シーンを快適にする工夫がなされています。

体位交換用品、移乗用品

床ずれを防止するために2時間おきに体位交換をすることが望ましいと考えられています。ほかにも、体を起こすために利用する介助リフトや、ベッドと車椅子との乗り換え、車椅子から浴槽への移動を補助する移乗用品も便利です。

布団、枕、シーツ、カバー類

近年はダニ対策が施されているものも見られます。

食事関連用品

食器、食事補助用品

食事は思いの外細かい動作を連続的に強いられます。握力や腕の力が弱くなったり聞き手が使えずうまく食事ができないときにもストレス無く食べられるような補助具を使用すると良いでしょう。

エプロン

食事の際に衣服を汚さないためにエプロンを使用します。食べこぼしたものをキャッチしてくれるポケット付きのものもあります。

口腔ケア用品

歯磨き、舌磨き、入れ歯のお手入れや保管用具、うがい水捨てなど、お口の中をすっきりさわやかに保つための用具がいろいろ発売されています。

食品

食欲がない時の栄養補給のために利用するサプリメントも数多く販売されています。咀嚼や嚥下が困難である場合にはとろみを付けてくれる補助食品もあります。

その他

食品の正確な重量を計る電子計量器や塩分濃度を計る電子塩分計、投薬カレンダーなど介護者の頼もしい味方が数多く発売されています。

入浴用品

入浴用椅子

洗い場で使用する入浴用椅子はもちろんのこと、浴槽内での立ち・座りを楽にする浴槽内用椅子、入浴用椅子にキャリーが着いた入浴用車椅子などがあります。

入浴補助用品

洗い場から浴槽への移動を助ける入浴台、浴槽への出入りの安全をサポートする浴槽用手すり、浴槽に設置して座ったままお湯につかったりあがったりできる昇降機、移乗用のベルト、患部防水用の袋、シャンプーハット、介助者用のエプロンなど様々な工夫が施されています。

その他

滑り止め機能がしっかりした洗い場用マットやすのこ、お肌にやさしい洗剤や入浴剤、ボディタオルなど、安全で快適なバスタイムを手助けしてくれる商品が数多くあります。

排泄関連

ポータブルトイレ

トイレまでの移動が困難でも立ち座りが自分でできるというケースなら、ポータブルトイレを使うことで介助を受けずにご自分で排泄をすませられます。

簡易設置型洋式トイレ

和式トイレにかぶせるように設置することで、立ち座りを楽にします。

補高用便座・便座用クッション

補高用便座は便座の上に設置(主に置くだけ)することで膝への負担を軽減し、便座への立ち座りを楽にします。柔らかな質感のものが多く、便座用クッションの機能をある程度兼ねる場合もありますが、便座用クッションは主に長時間座っていてもおしりが痛くならないようにする、座り心地の快適性を追求した商品です。

尿器・便器

寝たままの姿勢で排尿・排泄ができます。

トイレ用手すり

トイレでの立ち座りをアシストします。設置方法は置くだけの簡単設置型も多種発売されています。トイレの形状や利用者の身長に合わせてサイズ調整ができ、着座中はアーム部分が肘掛けにもなるタイプが主流です。

ついたて(スクリーン)

プライベートスペースを確保します。スクリーンに使用されている布に消臭加工が施されていて洗うことで消臭能力が復活するものや、スクリーンに撥水加工が施されているものなどがあります。また、ペーパー類など小物を置くためのテーブル付きのついたてもあります。

紙おむつ・紙パンツ・尿取りパッド

テープタイプの紙おむつは寝たままでも取り替えが簡単なのが特徴です。紙パンツタイプは普通のパンツと同じような形状で使用しやすく、心理的な抵抗感が軽減されます。尿取りパッドは失禁パンツや紙おむつの内側に使用します。量が多いときに外への漏れを防げるばかりでなく、安価なため紙おむつを都度取り替えるよりも経済的です。

防臭・消臭用品

ポータブルトイレ等に入れて使用する消臭剤や、ポータブルトイレ等の下に敷いて使用する消臭・防水シートなどの他、お尻ふきや使用済みおむつの処理用品などがあります。

日常生活関連

椅子

立ち上がりアシスト機能が付いた椅子、座椅子、正座用椅子など種類は様々です。

補聴器・助聴器

補聴器が基本的に常時装着して使用するのに対し、助聴器は主に軽度中等度の難聴の方向けの機器で断続的に使用するのが特徴的です。管状の形状で両端を送話口と受話口に拡張したものや、電子式で騒音をカットする機能を備えたものなどがあります。

筆談器

文字や絵で書くことでコミュニケーションを取るための用具です。

呼び出し用具

離れた部屋の様子を確認したり、緊急時の呼び出しなどに使用します。双方向会話ができるものや、呼び出し専用のもの、徘徊防止用センサー付きのものなど機能も様々です。

その他

マジックハンドのように手が届かないところのものをつかんだり引き寄せたりする器具や、観のプルトップを起こすオープナー、ボタンかけを支援したり立ったまま靴が脱げる工夫がなされたものなど、日常生活を支援する様々なアイデアがあります。

住宅内設備関連

段差解消用具

踏み台や段差スロープがあります。

手すり

上がりかまち用、トイレ用、玄関先用など使用する場所に応じた種類のものが発売されています。また、手すり部分に天然木を使用するなど住まいにマッチするような工夫もなされています。さらに立ち上がり補助用、ベッド用、浴槽用などもあり、文字通り日常生活の支えになってくれます。

その他

階段の縁に貼る滑り止めテープや柱や壁の角に使用するコーナーガードなどがあります。

衣類

肌着・下着

直接肌に触れるため、肌に優しく抗菌性や保温性、吸湿発汗性の高いものを選びましょう。毎日着替えるべきものなので、着脱のしやすさは大きなポイントです。

寝巻き

着心地や動きやすさはもちろん、介助が必要な場合はその度合いや症状などに応じて形状や機能を選びましょう。上下セパレートのパジャマ型、つなぎ型、浴衣型などがあります。

靴下・てぶくろ

靴下は履き心地や履きやすさも大切ですが、足首やふくらはぎの締め付け感がないゆったりしたタイプを選びましょう。室内用に足裏部分に滑り止めが付いたものもあります。
てぶくろは、指や爪で体に傷を付けたり自分でおむつを外してしまわないようにするために着用します。ご本人では外しにくい留め方になっているものもあります。

おむつカバー

むれにくく、漏れにくい構造のものが良いでしょう。介助の度合いによっては、寝たままでの着脱が簡単な機能・構造も重要です。ご本人でも着脱が簡単なパンツタイプもあります。

簡単に脱いだり履いたりできて、しかも足にあった靴を選びましょう。靴のサイズは指先からかかとまでの一般的なサイズばかりでなく、横幅寸法も重要です。外用、室内用、リハビリ用と用途に分けて用意してください。また、装具着用の方向けの商品もあります。

その他

膝掛け、マフラー、ショルダーウォーマーなど状況に応じて使用してください。

健康管理関連

体温計

電子体温計が主流です。すでに一般家庭用としても出回っていますが、感温部分が自由に曲がってしっかりフィットしてくれるタイプやメモリー機能が付いているものも便利です。また、耳式体温計は非常に短時間で楽に検温ができるのが特徴です。

血圧計

デジタル自動血圧計が扱いやすく便利です。測定データをメモリできるタイプやPC通信機能が付いたものもあります。

ヘルスメーター

昔ながらのアナログ式は使い方に迷うこともなく安心して使えるでしょう。また、デジタル式でも乗るだけの簡単なものも多くあります。液晶表示も大きな文字で見やすく、音声読み上げ機能が付いたものもあるので視力に不安がある方にはとても重宝するでしょう。デジタル式は体重だけでなく、体脂肪率など体組成計としての機能を持つものが多いのも特徴です。

歩数計

その日の運動量を数値化して記録し、統計的に観察したり、運動目標を立てたりする場合に簡単に取り入れられて便利です。腕時計タイプで時計としても使えるものや歩行ピッチを音で教えてくれたり脂肪燃焼量を自動計算してくれる機能が付いたものもあります。

その他

生活に密着したものからトレーニング機器まで健康管理関連用品は他にもたくさんあります。除菌・消毒液なら手指用、室内空間用など用途に合わせて選べます。薬の飲み忘れや分量間違いを防ぐためのカレンダータイプの薬ケースのような便利な用品も多数あります。

レクリエーション関連

遊具

ゲーム感覚で楽しみながら体を動かし脳も活性化させることを期待します。サッカー、野球、ボーリング、バスケットボールなどの要素を取り入れたものや輪投げのように広く一般に知られているものがルールも直感的にわかりやすいでしょう。

トレーニング

エアロバイクやエクササイズ用のチューブ、ダンベルなどのウェイト、エクササイズボール、握力のためのハンドエクササイザー、ラテックスバンドなど種類も豊富ですが、それぞれにおいて運動負荷レベルも幅広く展開されているものが多いので、目的にあわせて選びましょう。

防災関連

防災グッズ

防災ずきん、緊急避難セット、非常持ち出し袋など非常時に備えておきたいものです。

防災設備

報知器は煙感知式と炎感知式があります。すでに義務化されていますので必ず設置しましょう。あわせて消火器の設置もお忘れなく。家具の転倒防止器具や家電等が地震によって転倒したり滑り出したりすることを防ぐための振動吸収・転倒防止シートなども使用しておきたいものです。

その他

上記の代表的な歩行・移動用品の周辺用具的なものや、段差の問題を解消するものなど、ここで紹介しきれないほど多くの用品が生産されています。

井原内科クリニック
ケアプランセンター芳川
通所リハビリテーション
入所療養介護について
ご利用できる方/料金案内
見学について
芳川通信
お問い合わせは053-426-0003までお気軽にどうぞ